記事一覧

債務を減額する手続き

説明

多重債務などに陥っている人は、弁護士に相談すれば個人再生の手続きができます。一番大きな利点は、借金額が減額されることで、支払っていける金額の債務を決められた期間で完済する方法です。自己破産のように資産が没収されることはありません。

詳しく見る

再生手続き全般を行える

お金

個人再生は、裁判所に申立てを行い債務を減額してもらう債務整理方法です。専門知識を必要とする手続きであるため、弁護士に依頼をして個人再生を行うことが人気となっています。弁護士は再生手続きの代理人となる権利があるため、手続き全般のサポートを受けることができるのです。

詳しく見る

大幅減額の債務整理

女性

個人再生は、借金を大きく減額させることができる手続きです。どのくらい減額されるかは、債権額によって最低返済金額が異なります。自己破産と違って、車や家を没収されずに減額手続きできるのが個人再生の特徴です。

詳しく見る

資産価値で返済額が変わる

男女

個人再生は、住宅や家を残したまま借金減額ができる債務整理です。しかし、絶対に残せるかというと条件があり、住宅ローンが残っている方は個人再生で他のローンが減額された後にその支払いが加算されます。それも含めて再生案通りに返済が可能かがポイントとなります。

詳しく見る

家を手放さずに借金を軽減

電卓

借金をなくすのであれば自己破産は有効な方法ですが、マイホームがある人はそれも手放すことになりますので注意が必要です。条件に当てはまっている場合は個人再生を選ぶと、マイホームを維持しながら他の借金は大幅に減額ができます。

詳しく見る

債務整理の1つです

男性

返済金額を減らせる

借金の返済ができない場合に、弁護士などの法律の専門家に相談することで自分に適した解決手段を探してくれます。借金問題を解決するには債務整理を行いますが、その中の1つの手続きに個人再生があります。個人再生は債務者が抱えている借金額を圧縮する方法で、任意整理とは異なり、自己破産と同様に裁判所を経由する手続きです。個人再生を行えば借金額を平均5分の1程度にまで減らすことが可能ですが、自己破産のように債務がゼロになるわけではありません。裁判所に書類を提出する必要があり、最大で5分の1まで債務を減らせますが、手続きが完了した後には返済を継続することが義務となります。減額された借金は3〜5年ほどの期間をかけて支払っていくことが条件となり、抱えている負債額から圧縮される金額が決定します。任意整理と同様に資産を手放すことなく、借金問題の解決に目途を付ける方法で、住宅や自動車を保有することが可能です。支払うべき債務額は負債の金額そのものから算出することや、資産、収入の金額も影響します。裁判所が債務者が持つ財産の価値や、収入から税金を差し引いた金額などを計算して最低弁済額を決めます。従って、破産をしたときには住宅や車を持ち続けることはできませんが、個人再生ならば保有できる点が大きなメリットです。負債金額の大きさによっても判断は異なると言えますが、職業形態によって手続きができないことはありません。自営業者やアルバイト、パートなどの非正規社員の人も平等に裁判所に対して申し立てることで、手続きを開始できます。ただし、裁判所で再生計画書を提出を行った後に、債権者の過半数が反対しないことが成立の条件となりますので、残された債務を十分に返済する能力を有しているかが成立させるための重要なポイントになります。

Copyright© 2018 借金の負担を減らせる個人再生【法律の専門家に相談】 All Rights Reserved.