記事一覧

再生手続き全般を行える

お金

裁判所への同行も可能

個人再生は、裁判所を通じて借金を減額する債務整理方法です。裁判所に申立書を提出し審査に受かれば、借金を圧縮することができるのです。自己破産とは違い、マイホームや車を手放すことなく債務整理ができる点が個人再生のメリットです。個人再生を受けるためには、申請書の提出と面接等の審査が必要です。また、債権者や個人再生委員などとの交渉も必要となります。法律や制度の知識が乏しい中で、審査に臨むことはとても大変です。そのため、個人再生の手続きは弁護士など専門家に依頼をすることが人気となっています。弁護士に個人再生手続きの依頼をすれば、裁判所に提出する申立書の作成を行ってもらうことができます。申立てに必要な書類や面接についてのアドバイスを受けることもできるので、安心して手続きを勧められます。また、個人で債権者に交渉を行うことは難しく、心理的負担も掛かります。弁護士に手続きの依頼をすれば、代理人として債権者と交渉をしてもらうことができます。個人再生の依頼は司法書士にも依頼することが可能です。しかし、司法書士は再生手続きの代理人となることができません。そのため、裁判所へは自分自身で行き、面接等を受けなければなりません。司法書士に依頼する場合は、個人再生手続きにかかる書類の作成や債権者との交渉などに限られるのです。弁護士は再生手続きの代理人となる権利を有しています。裁判所への手続きも一緒に参加できる点も、個人再生手続きを弁護士に依頼することが人気の要因となっているのです。

Copyright© 2018 借金の負担を減らせる個人再生【法律の専門家に相談】 All Rights Reserved.