記事一覧

債務を減額する手続き

説明

住宅や車が持てる

消費者金融などからお金を借りた結果として、多重債務などに陥り、支払えなくなったときは弁護士に相談することが一番良い解決方法です。債務整理によって問題の解決を図ることが一般的ですが、ある程度の返済能力を有している人ならば、個人再生を選択できます。個人再生は裁判所に再生計画書を提出して、債務者に認めてもらうことで借金額を返済できる額まで減らす手続きです。従って、個人再生が成立したときの一番の利点は、支払うべき債務額が減る点です。手続きを行う前と比較してかなりの減額が期待できる方法なので、大きな借金額を抱えてきた人であっても、完済できる希望が持てます。同じ債務整理の1つに自己破産があり、破産した場合には借金額がゼロになる代わりに、財産を没収される特徴があります。しかし、個人再生ならば住宅などの資産を保有した状態で、借金を支払える金額まで少なくできます。支払い期間も裁判所を経由して決まる手続きで、平均して3〜5年以内に完済しなければなりません。定められている期間内に完済できないときには、個人再生が認められなくなるために注意が必要です。手続きの成立条件に支払能力があるかどうかが大きなポイントとして挙げられます。減額すれば支払っていくだけの能力を持っている人ならば、住宅などの資産を処分せずに減額した借金を支払っていくことになるので、通常の生活を継続できます。破産すると資格が制限されるなどのデメリットもありますが、個人再生は資格の停止や官報に掲載されるなどのデメリットは存在していません。

Copyright© 2018 借金の負担を減らせる個人再生【法律の専門家に相談】 All Rights Reserved.