記事一覧

家を手放さずに借金を軽減

電卓

専門家への相談がおすすめ

借金がかなり膨らんでしまった、返済が難しいという場合は自己破産も検討されますが、自己破産は借金がなくなるのは大きなメリットです。自己破産が認められると全ての借金はなくなりますが、メリットばかりではありません。まず、デメリットとしては資格や職業に制限が出るということがあげられますし、マイホームなど価値のある財産は手放す必要が出てきます。それゆえ価値のある財産を持っている人には得策とは言えません。マイホームを維持しながら借金を軽減するのであれば個人再生が向いています。個人再生は住宅ローン以外の借金を大幅に軽減してもらうための手続きです。自己破産のように全ての借金がなくなるわけではありませんが、マイホーム以外の債務は五分の一程度に圧縮されますし、3年程度で返済を行うこととなりますので、より無理のない範囲で借金を返していくことができます。個人再生ができる条件としては債務の総額が5000万円以下であること、債権者から半分以上の不同意がないことなどがあげられます。さらに返済のためには安定した収入があることも大事です。自己破産に比べてメリットも多いと言える個人再生ですが、その手続は決して簡単ではありませんし、時間もそれなりに必要です。個人再生は全く知識がないままでは手続きが難しいので、弁護士など法律の専門家に相談することがおすすめです。相談はメールや電話からも行うことができますので、まずは無料相談も活用し信頼できる法律事務所を選んでいきましょう。

Copyright© 2018 借金の負担を減らせる個人再生【法律の専門家に相談】 All Rights Reserved.